真夏は背中と敷布団が密着する蒸し暑さが、寝苦しくて寝れないですね。

そんな寝苦しい夜には抱き枕。

 

抱き枕の効用

 

抱き枕を抱くことにによって、体と布団寝具の間に空間ができあがります。

 

背中が開放されるうえ、脇の下やひざの間にクッションが挟むことで、通気性がよくなり、涼しく眠れます。

 

抱き枕を持っていないし、買う予定も予算もない人は、薄めの布団をクルクル巻いて、ひもで数か所縛れば、抱き枕の代わりになります。

 

おなかが冷えないように、ハーフケットや大判のバスタオルを1枚おなかに掛けましよう。

 

吸汗シートの利用

 

さらに、夏の敷布団は熱がこもりがちです。

 

敷布団を毎日干すのは大変なので、丸洗い可能な汗取りパッドを活用するのもいいですね。

 

寝心地も気持ちが良いで洗濯も楽です。

 

睡眠中の発汗は、主に頭と背中に集中します。

 

枕やシーツにはタオルを敷いて、汗をどんどん吸い取ってもらいましょう。

 

毎日タオルだけ取リ替えればケアも万全です。

 

柔らかめの低反発マットレスより高反発マットレスの利用もいいです。

 

先に述べましたが、体と寝具が密着する表面積を狭くする、空間を開けることによって、空気の風通りをよくして発汗作用を促し、熱を発熱することで涼しさが増します。

 

多くの人が利用している低反発マットレスは、体全体が沈み込むため、体が密着する表面積が増えるので、発汗さされた汗も蒸発しにくい、そして風通りもようなく蒸してしまいます。

 

そんな、低反発マットレスを利用しているんであれば、高反発マットレスにすることで風通しもよく涼しく寝返りも腰痛にもいいと一石二鳥でなく一石三鳥のような感じになります