眠っている間に、体のなかでは多様なホルモンが分泌されています。

 

そのなかでも睡眠と覚醒リズムともに関わる肝心なホルモンがメラトニンです。

 

メラトニン

 

メラトニンは、「睡眠ホルモン」ともいわれ、睡眠を司る中心的なホルモンです。

朝陽を浴びてから約14ー16時経過すると、体内時計が指令を出して分泌を開始し、体は睡眠モードに入ります。

 

朝7時に起きて、だいたい夜9から11時ごろに眠くなるのは、メラトニンの作用によるものです。

 

メラトニンの分泌は、光によって調整されいます。

 

夜遅くまで寝室以外にいたり、PC、スマートフォンやゲームなどで強い光を浴びていると、分泌されにくくなり、眠りの質が低下するので配慮しましょう。

 

メラトニンがいろいろ分泌される事が、スムーズな眠気を誘う極意になります。

 

メラトニンがつくられる原材料となるのが、トリプトファンという必要アミノ酸です。

 

睡眠、 体温、睡眠に関わるホルモンは、体内時計の働きにより調整されています。

 

これらは、 一見バラバラに存在するように見えますが、すべて密接に関連しています。

 

睡眠、体温、睡眠に関わるホルモンのそれぞれが、1日を通して正しいリズムを刻むことで、よりよい眠りと目覚めにつながるのです。

 

ここで心地よい睡眠を目指すための、24時間の過ごし方を知っておきましょう。

 

朝食はしっかり食べて、脳を目覚めさせましょう。 

日中は仕事などで積極的に活動します。

 

規則正しいリズミカルな運動は、メラトニンの元となるセロトニンというホルモンの分泌をよりスムーズにします。

 

オフィスでは階段の上リ下りや、 昼休みにスクワットなどをしてみるのもおすすめです。

寝る前のリラックス 日中の活動モードを睡眠モードへ切り替えることも大切です