人が眠たくなる要因には、「睡眠欲求」と「体内時計」があるからです。

 

「睡眠欲求」とは

 

人は日中活動していると夜には疲れて自然に眠くなります。

すると、「ホメオスタシス(恒常性維持機構)」が発動します。

ホメオスタシスとは、体の健康を維持する機能の事です。

 

具体的には、外部や内側の環境変化に対して体温や血圧、血糖値などの保持、傷ロの修復、体内に侵入した病原菌の排除、自律神経の調節などを行います。

 

仕事の疲労でぐっすり寝ると翌朝にすっきりと疲れがとれているというのは、睡眠欲求が働いて眠り、ホメオスタシスが働き起きる事が自然にできるのです。

 

他にも、夜更かし”した翌日の晩、あまり長時間寝なくても疲労が回復するのも、ホメオスタシスの作用で普通より深い睡眠のがとれるのです。

 

また、自然な眠りに誘ってくれるふたつめの要因は、体の中にある「体内時計」のよるものです。

 

 

体内時計とは

 

朝起きて夜眠くなるのは、体内時計が約24時で寝る起きるというリズムを刻んでいるからです。

 

 

体内時計は、太陽の光を浴びる事で定期的初期化されて動きスタート出来て、眠りに必要なホルモンの分泌をコントロールしています。

その主なホルモンが「メラトニン」

 

人が眠くなる作用を促すメラトニンは、体内時計からの脳への指令で、朝起きてから14ー16時後に分泌され、朝に分泌が止まるようになっています。

 

 

体の疲れには関連なく、また、前日に十分寝ていても翌日にきちんと眠りが訪れるのは、体内時計が作用しているからです。

 

 

睡眠欲求は、体内時計によって一定のリズムを保っています。

 

 

日中にしっかり活動して睡眠欲求が除々に高まってくると、眠くなるのです。

 

 

そのため、「忙しいから休日に2日分寝ておこう」というようなク寝だめクはできません。

 

休日などに睡眠をとりすぎると、 睡眠リズムが乱れてしまい平日の活動に影響が出ることもあります。

 

平日と休日の起床時刻の時間差は、2時間以内を目安にするといいでしょう。

人の体はすごいものですね

 

この小物を使って生活便利になりいていきましょう