体内時計は、睡眠だけでなく体温のリズムもコントロールして
体温の高低のリズムと睡眠のリズムは連携しているのです。

 

体温はタ方以降にわずかずつ下がり夜になるとさらに体温が下がり眠気が訪れます。

それ故に、手足などの末端から熱を出して、睡眠に入る準備を整える事が大切になります。

 

皮膚や体の末端から放熱する事で、体の中央ところの温度が下がるのです。その体の深部の体温をスムーズに下げることで、眠気が発生します。

 

体が冷えるから眠たくなる

 

眠る前には手足がポカポ力して眠れると誤解している人が多くいます。
それは実は暖かくなっているのでなく放熱しているので、表面が温かくなっているのです。

 

表皮体温が高くなるの.は、深部体温を下げるためです。

たとえば赤ちゃんは、眠くなると手足が温かくなりますね。

 

これは表皮表面が温かくなり手足などの末端から放熱されて、深部体温を下げて眠ろうとしているからなのです。

 

人には、風邪などのには熱が出ますが、これも実は放熱することで体を冷やしているのです。

 

このように、よりよい睡眠を目指すには、普段暮らしで放熱しやすいアイデアをすることも大り切です。